ウェイクサーフィンとは

Wake Surfing
ウェイクサーフィンとは

ウェイクサーフィンとは

ウェイクサーフィンとは、走行する船の曳き波を利用してサーフィンをするマリンスポーツです。海のサーフィンと違い人工的に波を作るので、海・川・湖・ダム湖等、多様な水辺で楽しめます。また船が走行する限り波に乗り続ける事ができる、エンドレスサーフィンも叶います。

ボートスピードは他のマリンスポーツと比べて比較的遅い為、初心者でも安全かつ気軽にでき、子供から大人まで、幅広い層が一緒にウェイクサーフィンを楽しむ事ができます。

ウェイクサーフィンの詳しい

Detail
安全かつ気軽に楽しめる
01

安全かつ気軽に楽しめる

ウェイクサーフィンは15~18km/hの速度でボートを走らせるので、他のマリンスポーツに比べるとスピードが遅く、怪我を負うリスクが低くなっています。大きな波に巻かれたり、岩や海底にぶつかる危険もないため、サーフィンに慣れていない人や子供でも、安全に楽しめます。最低でもプレイヤー+操舵者の2人以上での実施になるので、万が一アクシデントが起こった場合でも、救助の遅れなどといった危険性を回避することも出来ます。
また、波のコンディションを気にする事なく気軽に楽しめるのもウェイクサーフィンの特徴です。

高い競技性
02

高い競技性

ウェイクサーフィンは、安定した同じ速度の波が作れるため、ベストコンディション且つ平等な状況での競技実施が可能です。CWSA主催の大会では、ライディングのスタイルや“トリック”と呼ばれる技を選手同士が競い合い、ウェイクサーフィンの採点基準でもある、難易度・印象度・多様性・完成度の4項目からなる総合得点で争われます。この4項目は、それぞれの頭文字(難易度=ディフィカルティ、印象度=インテンシティ、多様性=バラエティ、完成度=エクスキューション)をとって、D.I.V.E.(ダイブ)と呼ばれています。
またCWSAの大会では、ボートにカメラを設置したり、ドローンを飛ばして撮影し、モニターで観客も一緒に、リアルタイムで競技を楽しめます。

世界で楽しまれるウェイクサーフィン
03

世界で楽しまれるウェイクサーフィン

ウェイクサーフィンは近年、ヨーロッパやアジア等、世界中で人気が高まっています。
CWSAは、初心者から、中〜上級者・プロ、性別・年齢別等、多様な部門に分かれており、誰でも世界ランキングに参加できるのが大きな魅力です。
世界中のウェイクサーファーがシーズンを通して競い合い、その中で各部門の上位8名のみが参加することのできる、世界最高峰を決める大会『CWSAワールドウェイクサーフィンチャンピオンシップ』。世界中のサーファーと交流しながら、ハイレベルな戦いが楽しめます。是非トップランカーを目指し、世界各国で行われるCWSAの大会にご参加ください。

歴史

History

ウェイクサーフィンの歴史と現状

ウェイクサーフィンの起源は、様々な見解があります。いくつかの記録によると、1920年代までさかのぼってボートサーフィンまたはウェイクサーフィンをしていた記録があります。この記録に関して信頼できる証拠はありませんが、1950年代~1960年代の映像やメディアにおいて、オーシャンサーファーがモーターボートの後ろでサーフボードに乗って遊んでいる記録が残っています。1960年代半ばまでに、複数のサーフボードメーカーがウェイクサーフィン専用のボードの製造をしていた記録もあります。
モーターボートの後ろでサーフボードに乗る遊びは、70年代から80年代も続き、サーフィンのショートボード革命に沿って、ボードはより短い形に進化しました。ボードの長さが次第に短くなるにつれて、ウィンドサーフィンやセールボードで使われていた仕組みを利用し足をストラップで固定し始めました。ロープを使って、スカファーやハワイアンスキーなどのボードで、ハードカービングとオフザウェイクなどのトリックが生まれました。 1990年代からウェイクボードの成長とブームにより、ボートメーカーは、ボートで作る波(ウェイク)のサイズを大きくするための技術を進歩させてきました。そして現在においては、ウェイクサーフィンはボートを使って行う最新のマリンスポーツとして、幅広い層の方が気軽に楽しめるスポーツへと発展しました。

知識

Knowledge

ウェイクサーフィン用ボートの特徴

サイズ:4’2”~5’4”(約128~158cm)
一定の大きさの安定した波でサーフィンが出来る為、
ボードが短く作られており、様々なアクションを可能にしています

ウェイクサーフィン専用ボートの特徴

  • 液晶タッチパネル 波の大きさや長さをタッチパネルで簡単に変えることが出来る。
  • サーフフラップ 水流を変化させ波の形状を変えるための装置。
  • バラストシステム 船に水を入れ、沈めることにより抵抗が大きくなり、
    より大きな曳き波を立たせることが出来る。

ウェイクサーフィンを安全に楽しんで頂く為に

  1. 01 船外機等、プロペラがボートの最後尾についているボート・整備不良のボートの使用禁止
  2. 02 小型ボートがいる近くでのトーイングの禁止
  3. 03 ライフジャケット着用厳守
  4. 04 飲酒・無免許運転禁止